白い歯はやっぱり憧れ!だからホワイトニングが人気!

歯科医には以前、虫歯をはじめとした歯の病気やトラブルが起こったときに駆け込む場所というイメージがありました。しかし人々の意識は時代とともに変わり、歯の健康を保つための予防歯科の重要性がクローズアップされるようになっていったのです。それと同時に、美しい口元はその人の第一印象を大きく左右するファクターであるため、予防歯科と並行して審美歯科の需要も高くなっていきました。
口元からこぼれる白い歯は清潔感にあふれ、その人のイメージアップにもつながります。白く美しい歯は入学・就職の面接、そして婚活などでも好印象を与えてくれる要素のひとつであるため、歯のホワイトニングに人気が集まるようになりました。
歯のホワイトニングは大きく分けて2種類あります。歯科クリニックなどで受けるオフィスホワイトニングと、自宅でおこなうホームホワイト二ングです。オフィスホワイトニングは、歯に薬剤を塗布してからホワイトニング用のライトを照射します。この方法は所要時間が短く、一度の施術で効果が現れやすいという点がメリットです。ホームホワイトニングは、マウスピースにホワイトニング剤を注入してから装着します。効果が実感できるまでには数回繰り返す必要がありますが、自宅で好きなときにホワイトニングができ、効果が長く持続するというメリットがあるのです。

効果のあるホワイトニングを選ぶコツ!

歯は第一印象において重要です。白い歯に憧れるけど、自分には無理だろうとか、高い費用がかかるんだろうとか言われることがあります。でも歯磨き粉を使って手軽にホワイトニングができます。
ホワイトニングは特に、タバコのヤニやコーヒーで汚れた歯に有効です。歯磨き粉に入っている研磨剤で歯を磨くことによってそれらの色素を落とすことができます。
今回は、良い歯磨き粉を選ぶためのポイントをまとめます。まず、研磨剤が微粒子のものを選ぶことが大切です。代表的な研磨剤としては、炭酸ナトリウムやケイ素などがあります。研磨剤によって歯を磨きますので、大きい粒子だと、汚れを落とす効果は高まりますが歯を傷つける場合があります。もし歯のエナメル質が落ちてしまったら逆に虫歯が増えたり歯の光沢がなくなったりします。さらにその部分だけ汚れが付きやすくなります。そのため、歯や歯茎に優しい微粒子を選んで、正しい磨き方をする方が安全です。次に、汚れを落とす効果のある成分が入ったものを選ぶことです。歯磨き粉によっては、イオンによって汚れを浮かせることで汚れを取りやすくするもの、酵素の効果によって汚れの原因となるタンパク質を分解するものなどがあります。

歯磨きしても歯が白くならない…そんな悩みはこの方法で解決!

歯の色が黄色い、着色汚れがあると悩んでいる人は多いものです。コンプレックスに感じてしまい、人前で歯を見せて笑うことに抵抗を感じる人もいるでしょう。こうした気になる歯の色に対処するにはどうしたらよいのでしょうか。
タバコやコーヒーなどによる着色汚れのように、歯の表面についた汚れが原因であれば歯磨きもしくは歯科医院で行うクリーニングできれいにすることができるケースもあります。ですがエナメル質の内部にまで沈着してしまった汚れは、クリーニングでは落とすことができません。そんなとき頼りになるのが歯科医院で行っている「ホワイトニング」です。
多くの歯科医院では歯の見た目をきれいにする審美歯科治療に対応しており、その中には歯の色を白くする「ホワイトニング」という治療も含まれています。これは、専用の薬剤によっていわば歯を「漂白」する、というものです。その方法には歯科医院に通って行う「オフィスホワイトニング」と、マウスピースを使って自宅で行う「ホームホワイトニング」があり、どちらにするかは好みやライフスタイルに合わせて選ぶことができます。治療前には必ず丁寧なカウンセリングがあるので、悩みや希望、疑問に思う点などはあらかじめよく相談しておくとよいでしょう。