歯磨きしても歯が白くならない…そんな悩みはこの方法で解決!

歯の色が黄色い、着色汚れがあると悩んでいる人は多いものです。コンプレックスに感じてしまい、人前で歯を見せて笑うことに抵抗を感じる人もいるでしょう。こうした気になる歯の色に対処するにはどうしたらよいのでしょうか。
タバコやコーヒーなどによる着色汚れのように、歯の表面についた汚れが原因であれば歯磨きもしくは歯科医院で行うクリーニングできれいにすることができるケースもあります。ですがエナメル質の内部にまで沈着してしまった汚れは、クリーニングでは落とすことができません。そんなとき頼りになるのが歯科医院で行っている「ホワイトニング」です。
多くの歯科医院では歯の見た目をきれいにする審美歯科治療に対応しており、その中には歯の色を白くする「ホワイトニング」という治療も含まれています。これは、専用の薬剤によっていわば歯を「漂白」する、というものです。その方法には歯科医院に通って行う「オフィスホワイトニング」と、マウスピースを使って自宅で行う「ホームホワイトニング」があり、どちらにするかは好みやライフスタイルに合わせて選ぶことができます。治療前には必ず丁寧なカウンセリングがあるので、悩みや希望、疑問に思う点などはあらかじめよく相談しておくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です